ガゴメコンブ Saccharina sculpela
作成者:鈴木 雅大 作成日:2011年11月26日(2016年12月20日更新)
 
ガゴメコンブ(籠目昆布)
Saccharina sculpera C. Lane, Mayes, Druehl & G.W. Saunders 2006: 509.
 
ハルバリア下界(Infrakingdom Halvaria),ヘテロコンタ上門(Superphylum Heterokonta),黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),コンブ目(Order Laminariales),コンブ科(Family Laminariaceae),コンブ属(Genus Saccharina
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),コンブ目(Order Laminariales),コンブ科(Family Laminariaceae),トロロコンブ属(Genus Kjellmaniella)*Kjellmaniella crassifoliaとして
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),コンブ目(Order Laminariales),コンブ科(Family Laminariaceae),コンブ属(Genus Saccharina
 
Homotypic synonyms
  ガゴメ Kjellmaniella crassifolia Miyabe in Okamura 1902: 134. *Replaced synonym
  Saccharina crassifolia (Miyabe) C. Lane, Mayes, Druehl & G.W. Saunders 2006: 509. nom. illeg.
 
Type locality: 北海道南部
Lectotype specimen: 不明
 
 
撮影地:北海道 函館市 住吉町;撮影日:2012年4月7日;撮影者:鈴木 雅大
 
 
撮影地:青森県 下北郡 大間町;撮影日:2006年8月6日;撮影者:鈴木 雅大
 
 かつては,マコンブに混じって採れる雑海藻として煙たがれる存在でしたが,フコイダン等の効能が見直されたことから,現在は函館を中心に一大産業となっています。 

 Lane et al. (2006) は,ガゴメ(Kjellmaniella crassifolia)をコンブ属(Saccharina属)に移す際,Saccharina crassifoliaとしましたが,この名前はKuntzeによって既に用いられていたため,後にS. sculperaに訂正されました(Journal of Phycology 42: 962)。コンブ属に移されたことを踏まえ,四ッ倉らは和名を「ガゴメ」から「ガゴメコンブ」に変更しました。

 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. http://www.algaebase.org; searched on 26 November 2011.
 
Lane, C.E., Mayes, C., Druehl, L.D. and Saunders, G.W. 2006. A multi-gene molecular investigation of the kelp (Laminariales, Phaeophyceae) supports substantial taxonomic re-organization. Journal of Phycology 42: 493-512.
 
岡村金太郎 1902. 日本藻類名彙. 敬業社, 東京.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rヘテロコンタ上門褐藻綱コンブ目コンブ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る