ツバキキンカクチャワンタケ Ciborinia camelliae
作成者:丸山健一郎・鈴木雅大 作成日:2013年12月19日
 
ツバキキンカクチャワンタケ(椿菌核茶碗茸)
Ciborinia camelliae L.M. Kohn 1979: 399.
 
菌界(Kingdom Fungi),子嚢菌門(Phylum Ascomycota),チャワンタケ亜門(Subphylum Pezizomycotina),ズキンタケ綱(Class Leotiomycetes),ズキンタケ亜綱(Subclass Leotiomycetidae),ビョウタケ目(Order Helotiales),キンカクキン科(Family Sclerotiniaceae),ニセキンカクキン属(Genus Ciborinia
 
* 今関・本郷(1989)「原色日本新菌類図鑑 (II)」における分類体系:子嚢菌亜門(Suborder Ascomycotina),盤菌綱(Class Discomycetes),ビョウタケ目(Order Helotiales),キンカクキン科(Family Sclerotiniaceae),ニセキンカクキン属(Genus Ciborinia
 
撮影地:奈良県 香芝市;撮影日:2012年4月;撮影者:丸山健一郎 氏
 
 早春から春にかけて、ツバキ樹下に発生する小型のチャワンタケ。地中に埋もれたツバキの花弁が菌核(菌糸が蔓延した塊)になったものから発生します。
 
参考文献
 
Index Fungorum Partnership 2013. Record details: Ciborinia camelliae L.M. Kohn, Mycotaxon 9(2): 399 (1979) in Index Fungorum. http://www.indexfungorum.org/Names/NamesRecord.asp?RecordID=311127. (閲覧日 2013年12月18日)
 
幸徳伸也 「日本産きのこ目録2014 http://koubekinoko.chicappa.jp/nihonsannkinoko/2014/nihonsannkinoko2014.htm」(閲覧・ダウンロード日 2013年12月16日)
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ菌界子嚢菌門

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る