ミル(古名)
Codium fragile (Suringer) Hariot 1889: 32.
 
掲載情報
岡村 1936: 123. fig. 62; 広橋 1937: 566; 瀬川 1956: 20, pl. 11-98; Noda 1968: 67, fig. 8, no.1-2; 1987: 48, fig. 16, no.1-2., fig. 17, no. 1-2; 榎本・李・平岡 in 堀 1994: 279, fig. 137; 吉田 1998: 129, figs. 1-11G, 1-13P; 南雲ら 2000: 194, pl. 5, fig. 17; Brodie et al. 2007: 194, fig. 94.
 
Basionym: Acanthocodium fragile Suringar 1867: 258.
 
Synonyms
Codium mucronatum sensu Yendo 1911: 242, fig. 86.
Codium mucronatum var. californicum sensu Okamura 1914: 117, pl. 130, figs. 1-9.
Codium mucronatum var. tomentosoides van Goor 1923: 134, fig. 1c.
Codium fragile subsp. tomentosoides (van Goor) Silva 1955: 567.
Codium fragile subsp. capense Silva 1959: 153-157, figs. 20, 21, pl. XVI: a.
 
Type locality: Japan.
Holotype specimen: L 910, 187.1712. (National Herbarium Nederland, Leiden University branch)
 
佐渡島における分布:見立,浦川,蚫,豊岡漁港,矢島,二見(this study);小木,赤泊,羽茂,宿根木,沢崎,岩首,両津,稲鯨,小川,達者,北狄,藻浦,鷲崎(Noda 1968, 1987)
日本における分布:本州,四国,九州(吉田 1998より)
世界における分布:本種は移入種として日本からカリフォルニアや大西洋に帰化したと考えられています。また,本種の亜種は世界各地に分布しており,本種の分布は複雑化しています。
 
 
撮影地:新潟県 佐渡市 豊岡漁港;撮影日:2011年8月6日;撮影者:鈴木雅大)
 
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 見立(現 佐渡市 見立);採集日:2003年7月23日)
 
 潮間帯下部から低潮線付近の岩上に生育します。体は高さ8-16 cm,規則正しく叉状分枝し,全体として扇形に広がります。枝は円柱形で頂端は丸頭,直径 2-4 mm。体の表面はザラザラします。色は暗緑色(海松色)。
 
皮層部のスケッチ:小嚢は棍棒形,頂端に突起を持ち,長さ681-856 μm,直径150-219 μm。小嚢の上部側面から毛を生じ,毛が抜け落ちた痕が残ります(矢頭)。小嚢の下部から髄糸を生じ,新しい小嚢は髄糸の先に形成されます。髄糸の基部に栓状構造(septum: S)を持ちます。
 
配偶子嚢を付けた小嚢(左)と配偶子嚢(右):配偶子嚢は小嚢の中央部側面に形成され,短い柄を持ちます。配偶子嚢は紡錘形,長さ235-271 μm,直径88-124 μm。
 
Remarks
 本種の分類学的特徴は,体が円柱形で規則正しく叉状分枝することと,小嚢の先端に突起を持つことです。Codium fragileは世界各地に分布し,Brodie et al. (2007) とProvan et al. (2008) によると10亜種に分けられています。亜種を形態的に区別する事は難しく,多くの亜種は葉緑体ゲノムのrpl16-rps3 regionの塩基配列によってのみ区別されています。日本のミルの小嚢は場所によって違いが見られますが,基本種であるC. fragile subsp. fragileのみが分布していると考えられています。

 本種の種同定のポイントは,分類学的特徴と同様です。

 
参考文献
 
Brodie, J., Maggs, C. A. and John, D. M. (Eds.) 2007. Green seaweeds of Britain and Ireland. 242 pp. The British Phycological Society, Northern Ireland.
 
Hariot, P. 1889. Algues. In: Mission Scientifique du Cap Horn. 1882-1883. Tome V. Botanique. ( Eds), pp. 3-109. Gauthier-Villars et fils, Paris.
 
広橋 尭 1937. 北日本海諸島の藻類分布に就いて(予報). 植物学雑誌 51: 559-573.
 
堀 輝三(編) 1994. 藻類の生活史集成 第1巻 緑藻類. 内田老鶴圃, 東京.
 
南雲 保, 小林 敦, 長谷川和清, 土井祐介, 石綱昭彦, 長田敬五, 田中次郎 2000. 新潟県佐渡島沿岸の海藻、海草及び珪藻 (予報). 日本歯科大学紀要 29: 183-222.
 
Noda, M. 1968. The species of Chlorophyta from Sado Island in the Japan Sea. Science reports of Niigata University. Series D. 5: 47-69.
 
Noda, M. 1987. Marine algae of the Japan Sea. 557 pp. Kazama-shobo, Tokyo.
 
岡村金太郎 1913-1915. 日本海藻図譜 第3巻. *自費出版.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌. 内田老鶴圃, 東京.
 
Provan, J., Booth, D., Todd, N. P., Beatty, G. E. and Maggs, C. A. 2008. Tracking biological invasions in space and time: elucidating the invasive history of the green alga Codium fragile using old DNA. Diversity and Distributions A Journal of Conservation Biogeography 14: 343-354.
 
Silva, P. C. 1955. The dichotomous species of Codium in Britain. Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom 34: 565-577.
 
Silva, P. C. 1959. The genus Codium (Chlorophyta) in South Africa. Journal of South African Botany 25: 101-165.
 
Suringar, W. F. R. 1867. Algarum iapoinicarum Musei botanici L.B. index praecursorius. Annales Musei Botanici Lugduno-Batavi 3: 256-259.
 
Van Goor, A. C. J. 1923. Die holländischen meeresalgen (Rhodophyceae, Phaeophyceae und Chlorophyceae) insbesondere der Umgebung von Helder, des Wattenmeeres und der Zuidersee. Verh. K. Akad-Wet. Amst. Sect. 2, 23: 1-232.
 
遠藤吉三郎 1911. 海産植物学. 博文館,東京.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 

コラム海藻コラム佐渡島の緑藻

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る